TOEIC350点|英語の基礎は「シャドーイング」で身につける!最短勉強法

TOEIC350
(最終更新日:2018-8-8)

はい、こんにちはー!o(・x・)/  未歩(id:mihua)です。

 

TOEIC200点未満のあなたは「英語の基礎をしっかりと身につける」ことが大切です。TOEIC対策本など色んな教材がありますが、英語の基礎を作るために「文法」と「リーディング」から勉強していきましょう。

TOEIC350点|英語の基礎をシャドーイングで身につける勉強法は?

TOEIC350
TOEIC対策本」で勉強するとできるようになる気がしてしまいますが、今のスコアが200点未満のファーストステップは「英語の基礎」を身につける必要があります。
TOEICで990点満点を取っている人でも必ず「英語の基礎」から勉強を始めています。

 

英語の基礎」を身につけるために効果的な英語勉強法は「口と耳をどんどん使う」ことです。英語ができない!と感じている人は口と耳を使って英語を勉強した経験が少ないのができない原因かもしれません。


ここではTOEICスコア200点未満のあなたが350点を目指すための「文法」と「リーディング」の勉強法を紹介します。

文法|口と耳を使って中学基礎を固めるのが最短

何から英語の勉強したらいいのか分からない!!というあなたへのファーストステップは「英語の基礎」の勉強から始めることです。


まず「英文法」を毎日3ヶ月しっかりと勉強していきましょう。自分の英語レベルがよく分からないという人は中1から順番に英文法を勉強していくことをおすすめします。
英文法は基礎から積み上げていかないと英語力をアップすることはできません。まずは中学1年の英文法からはじめていきましょう。

▼調べまくった!!おすすめ英文法教材▼

リーディング|シャドーイングで何度も音読するのが最短

「リーディング」「長文読解」って苦手だなあと感じますよね。学生のときのリーディングは教科書を日本語訳して終わり・・・なんて感じでしたよね。

 

ここで紹介するリーディングは英語長文の音読CDを聴いてすぐに真似して音読をする「シャドーイングで何度も音読する」方法です。

英語長文の教材にはCDがついているものを選んで、CDの声に続いてくりかえし読む「シャドーイング」がリーディング力アップにかなり効果的です。

▼調べまくった!!おすすめ英文法教材▼

単語|今のところはTOEIC単語帳を買う必要なし!

TOEIC350点を目指す人は今のところTOEIC単語帳はいりません。基礎の英単語を身につけることがレベルアップの近道です。英文法を勉強している中で基礎単語も一緒に勉強することができるので、単語だけの勉強はまだ必要ありません。

リスニング|今のところリスニング教材を買う必要なし!

350点を目指すあなたは英語の基礎力を身につけることを最優先してください。リスニングは文法の音声やリーディングの音読で補うことができます。

自分で計画を立てるのが苦手という人には通信教材

TOEICの勉強といっても単語・文法・リスニング・リーディングとやることがいっぱいです。自分で計画を立てて30日続けるのは忙しい社会人にはなかなかハードルが高い~と思ってしまいますよね。
そこでTOEIC400点まで1日1日やることが決められている通信教材が便利です。とにかく時間がないから3ヶ月でとにかく結果を出したい!という人にはお金はかかりますが値段以上に価値のあります。

\公式で体験版を試してみる/

 

まとめ:TOEIC350点|シャドーイング効果で基礎固めの3ヶ月勉強法

いかがでしたか?TOEIC350点を目指すためには毎日の3ヶ月勉強しなければなりません。そのために「自分で計画を立てる」「通信教材のカリキュラムに沿ってやる」「口と耳が使えるTOEIC用有料アプリを使う」など工夫して3ヶ月勉強を続けていきましょう!