Kindleで英語学習|中学〜高校英語で読めるかわいい洋書を紹介します

Kindleで英語学習|高校英語で読める洋書を紹介

 

f:id:mihua:20180330155938j:plain

(最終更新日:2018-7-26)

はい、こんにちはー!o(・x・)/

@English部運営のみいふぁ(id:mihua)です。

 

洋書が読めるかっこいいわたし」になりたい!

といつも思っています。

 

そんな「洋書を読んでいるわたし」になりたくて

いつもお気に入りの洋書を

Kindleに入れてあります。

↓これ持ってます

どうしてKindleで読んでるの?と思ったかたは

こちら記事をどうぞ↓

あわせて読みたい

Kindleで英語学習|洋書が読める!すごい機能4つを紹介【2018版】

 

 英語学習にぴったり!Kindle洋書を4シリーズ紹介

f:id:mihua:20180308231312j:plain

洋書って買っても英文がむずかしすぎて

全部読むまえにあきらめちゃう・・・

 

のがいつものわたし。

 

でも!

中学〜高校レベルの英語で書かれている

洋書だったら読みやすいことに気がつきました。

ここでは中学〜高校程度の英語で読める

かわいい洋書をご紹介します。

Kindle洋書(英語)|A Bear Called Paddington(パディントン)

映画化されたのは記憶に新しい「パディントン」。

その原作の洋書「A Bear Called Paddington」をご紹介します。 

イギリスの作家「マイケル・ボンド」さん著書の

A Bear Called Paddington」。

 

パディントンがペルーからはるばる

イギリス・ロンドンのパディントン駅にやってくるところから

ストーリーは始まります。

映画化されているお話の原作なので

映画と比較して洋書を楽しむことができますよ!

Kindle洋書(英語)|Winnie-the-Pooh (くまのプーさん)

 こちらもパディントンと同じイギリス出身で

作家の「A・A・ミルン」さんの

Winnie the Pooh(くまのプーさん)

 

プーさんはあまりにも有名ですが

ストーリーは知らなくて

原作でお話を読んでみたくなりました。

 

洋書「Winnie the Pooh(くまのプーさん)」は

原作の洋書ならではの

味のあるプーさんが

なんと!

カラー挿絵で見ることができます。

本の中にたくさんあって

とても癒されるくまのプーさんの世界。とってもかわいいです。 

Kindle洋書(英語)|Pippi Longstocking(長くつ下のピッピ)

スウェーデンの作家「アストリッド・リンドグレーン」さん著書の

「長くつ下のピッピ」。

挿絵も多くとてもかわいい洋書です。

サルといっしょに暮らしている9才の女の子ピッピが

とても自由で豊かな考えかたをしているお話です!

思わずワクワクしてしまいます。

Kindle洋書(英語)|Comet in Moominland(ムーミン)

「ムーミン」といえば

フィンランドの作家「トーベ・ヤンソン」さんの著書で

とても有名ですよね。

 

でも

 

わたしはムーミンのお話を読んだことがなかったんです。

このお話はあの「スナフキン」や「スノーク兄妹」との

出会いのお話なので

 

「ムーミンってどんなお話だったっけ!?」

 

という人には ぴったりの洋書です。

もちろん原作のムーミンの挿絵もあり

ムーミンの世界に癒されます。

Kindleで英語学習|高校英語で読める洋書を紹介まとめ

いかがでしたか?

かわいい洋書で読みやすい英語なら

最後まで読むことができそうですよね!

 

ぜひ洋書にチェンジしてみてくださいね。

あわせて読みたい

Kindleで英語学習|洋書が読める!すごい機能4つを紹介【2018版】