「Preply(プレプリー)」でオンライン英会話の家庭教師を見つけよう!

オンライン学習「Preply(プレプリー)」のメリットとデメリット

 

preply

はい、こんにちはー!o(・x・)/

@English部運営のみいふぁ(id:mihua)です。

 

オンライン英会話」というとDMM英会話ネイティブキャンプレアジョブを思い浮かぶと思います。

 

でもでも!

preply

 

今回はオンライン学習プラットフォーム

Preply(プレプリー)に注目してみましょう。

preply.com

 

Preply(プレプリー)オンライン家庭教師のようなイメージがぴったりです。

オンライン学習「Preply(プレプリー)」でできること

f:id:mihua:20171102174523p:plain

英語はもちろん、Preply(プレプリー)ではスペイン語や中国語などさまざまな言語を教えてくれる人が多く登録しています。

英会話は 約2000人の講師がPreply(プレプリー)に登録しています。

特に注目していきたいのは

  • ネイティブ講師がたくさん登録している
  • 講師個人と連絡を取ってレッスンをする

と言うことです。

 

DMM英会話ネイティブキャンプレアジョブとはちがいますね!

大手のオンライン英会話については「オンライン英会話とは?はたらく女子が知りたい初期費用&始めるながれ」をどうぞ。

 

早速メリットとデメリットをみていきましょう。

 

オンライン学習「Preply(プレプリー)」のメリット

f:id:mihua:20180125223157p:plain

自分に合った講師を選べる

f:id:mihua:20180106213933j:plain

大手のオンライン英会話では、お気に入りの先生が見つかっても同じ先生のレッスンを受けることが難しいというデメリットがあります。

くわしくは「オンライン英会話のデメリットは?はじめる前に知りたい5つの注意点」をどうぞ。

 

そこで!

Preply(プレプリー)では、講師と直接メッセージのやりとりをしてレッスンを決めるのでお気に入りの先生が見つかりやすく、同じ先生のレッスンを続けて受けやすいです。

 

オンライン英会話にあきた人におすすめ

f:id:mihua:20180109202113j:plain

大手のオンライン英会話はレッスン内容がきっちり決められていることもあり、レッスンが単調になりがちです。プライベートな話もあまりできません。くわしくは「オンライン英会話のデメリットは?はじめる前に知りたい5つの注意点」をどうぞ。

 

そこで!

Preply(プレプリー)は、「オンライン学習プラットフォーム」ということもあり、個人と個人の学習の場を提供します。

 

個人と個人ならではのコミュニケーションをすることができます。単調なオンライン英会話にあきた人には刺激的なレッスンが見つかるでしょう!

 

オンライン学習「Preply(プレプリー)」のデメリット

f:id:mihua:20180125223226p:plain

英語初心者はむずかしい

f:id:mihua:20171024221556p:plain

Preply(プレプリー)は講師と直接メッセージをやりとりしてレッスンをはじめていきます。そのため、講師と簡単なコミュニケーションが取れる必要があります。

 

英会話や英語でのメッセージのやりとりが全くできない人にはハードルが高いでしょう。

 

大手のオンライン英会話よりも割高

f:id:mihua:20171030175537p:plain

大手のオンライン英会話では毎日レッスンしても月額6000円〜始められます。くわしくは「オンライン英会話のメリットは?はたらく女子が知りたい5つのポイント」をどうぞ。

 

しかし、これはネイティブレッスンではない場合です。大手でもネイティブレッスンを含めると2倍以上の月額料金がかかります。

 

Preply(プレプリー)は講師によってレッスン料金が違います。

ページを見てみると、レッスン1時間あたりの料金が書かれています。

 

わたしが調べたときは、安くて20ドルくらい(約2000円)でした。 

週1回レッスンを受けると月額料金はおよそ8000円以上かかりそうです。

 

まとめ

いかがでしたかPreply(プレプリー)」はオンライン家庭教師のようなイメージで自分に合った講師を見つけることができて、大手のオンライン英会話とはちがった魅力があることが分かりましたね。

 

ぜひ、あなたに合った講師を見つけてみてはいかがでしょう?

 

ではではー! 

preply.com